賃貸の敷金ついての基礎知識

賃貸に引っ越し時は、やはりお金がかかります。敷金は戻ってくるものなので、知識を持っておくことが大切です。

賃貸の敷金ついての基礎知識

賃貸の敷金ついての基礎知識

引っ越しするときにはたくさんのお金がかかります。でもできるだけその費用を抑えたいものですよね。敷金とは部屋を借りるときに、大家さんに預けておくお金なので、入居中に何もなければ、本来は戻ってくるお金です。だからこの敷金はできるだけ返してもらいたいものです。ではその敷金を戻してもらうためには、どのようにすれば良いのでしょうか。敷金を多く取り戻すためには、なんといっても最初の契約が肝心です。最初の契約で書いてあることが優先されるので、契約書を見てよく確認しておきましょう。例えば契約書に、室内クリーニングや畳の張り替えを全て入居者が行うことと書いてあれば多額のお金がかかってしまいます。

賃貸物件だから何をしてもOKというわけではありませんので、入居者にも部屋をきれいに使う義務があります。自然に壁紙が汚れてしまうのは消耗でしょうが、入居者がヘビースモーカーで、壁紙が黄色くなってしまった場合などは、やはり入居者が直す必要があるのではないでしょうか。そんなところも気をつけてみると良いかもしれませんね。ポイントは契約書にサインする前に自然消耗は賃貸人の負担とすること、故意、過失による損傷は賃借人の負担とすることをはっきりさせてことが大切です。

Copyright (C)2014賃貸の敷金ついての基礎知識.All rights reserved.